イメージ画像

小規模企業共済による節税

まず要約すると、この共済は、月額で最大7万円の所得控除(年間84万円)を受けることができ、しかも、掛金を支払っていた経営者が退職する時に、掛金+α(利子分)の額を退職所得として受け取ることができるという制度です。

簡単に、小規模企業共済のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年1月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:税務お役立ち情報

このページの先頭へ

?